ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2012-03

2012-03

きっと大丈夫 〜ろりぽっぷ子だもの〜

あおぞら 833号【年長最終号】 2012年3月16日

今朝はウグイスの初鳴きを聞きました。いつもより遅い春の歩みですが、足音は確実に近づいているようです。19日には年長組64名がろりぽっぷを巣立ちます。今年度は震災、放射能の心配と私達の生活も翻弄されましたが、救いは子ども達の笑顔でした。この子たちの健康と安全を守らねばと思いを強くした1年でもありました。
さて、卒園を間近に控えたある日年長児たちと話す機会がありました。小学校へ行くのに何か心配なことある?と問いかけてみました。いくつもの手が挙がりました。「給食ぜんぶ食べられるかなぁ」「国語とか算数とかちゃんとわかるかなぁ」「友だちできるかなぁ」「いじめられたらどうしよう」などなど、心配事は切実で 、小さな胸は不安で一杯な様子でした。そこでみんなで知恵を出し合い対策を考え合いました。もちろん私からもアドバイス。1人っきりで小学校へ進むお友だちは15人、心細い気持ちはよくわかります。前後左右のクラスの子にまず自分から声をかけてみよう。いじめっ子がいたら、いやな事はいやとはっきり言おう。やめてって声に出して言おう。勉強は先生のお顔をじっと見て、話しを聞こう、そうすればわかるからなどなど…。でも、みんなだったらどんな時も、どんな事があっても大丈夫。いろいろな力を身につけたのだから。今年は特にグループで力を合わせてやりとげる経験をたくさん積み重ねてきました。自分の思いを出しながらみんなの気持ちも大事にし、折り合いをつけて着地点を見つけるという難しいことにもチャレンジしました。そうそう天下の上野動物園で自由行動をやってのけたのだもの。
日々、友だちとどうしたらうまくやっていけるか、人として大事なことを学んできた子どもたち。人は一人では生きられないものです。誰かとふれ合いながら生きていく中で、相手の気持ちや心の痛みを分かってあげられる人になってほしい、きっとなれると信じています。やわらかい感性と思いやりに溢れていた64人の年長さんと共に過ごすことのできた私達は幸せでした。共に遊び、共に笑い、涙してきた私たちは、子どもたちのやさしさに勇気づけられ、なぐさめられ、喜びをたくさん分けてもらいました。これからも子どもたちが訪れた時、ひとりひとりの良さをだ誰よりも知っている私たちスタッフが、いつでも抱きしめてあげたいと思っています。

年長組のお友だち、卒園おめでとう そして さようなら。

もうすぐ進級

あおぞら【年少・中 最終号】 833号 2012年3月16日

園庭の白梅も満開になり、ウグイスの初鳴きも耳にし、春遠からじといったところです。19日には年長組が卒園式を迎え64名のお友だちが28校に別れて巣立っていきます。

さて、年少・年中のお友だちももうすぐ進級です。
あっちこっちに散らばるひよこちゃんたちを、大きな羽根で包み込むように育ててきた年少さんたちも、今ではしっかりと身の回りのこともできるようになったり、静かに座っていられるようになったりと、その成長ぶりは、目を見張るばかりです。4歳児は、年長組への進級を目前にし、ボクたちももうすぐ大きい組なんだよね、と意欲満々です。今まで同年齢の友だちが周りにいなくて、遊ぶ経験が少なかったというお友だちも、たくさんのお友だちとふれあい、もまれながら仲間とのつき合い方を学んできました。

幼児期は、人への信頼を築く大事な時期だと考えています。信頼できる大人がいる、大好きなお友だちがいる、そんな安定した生活の中で、人として大切なことを学んでいきます。
当たり前のことですが、過ぎ去った時間は取り戻すことができません。ゆえに、二度と巡ってこないこの時期、何をしなければならないかを私たちスタッフは常に胸に問いつつ、心を引き締めて新しい年度に向かいたいと思います。

思い出がギュッ

あおぞら832号【年長特集号】 2012年3月9日

残された園生活もカウントダウンに入り、思い出作りのイベントがぎゅっとつまった1週間でした。
1つ1つの活動を終えるごとにしっかりとたくましくなっていく年長さんの姿をしみじみとまぶたに焼き付けているこの頃です。ことばよりビジュアルで見ていただくのがいちばんと、今回は年長特集号です。

全文を読む

やさしさをバトンタッチ

あおぞら832号【年中・年少特集号】 2012年3月9日

今週は年長さんとのお別れイベントがたくさんありました。ランチを一緒にしたり、遠足では大きい組さんとシートをくっつけてお弁当を食べたりおやつの取り替えっこをしたり、などなど…。年長さんからやさしくしてもらった子ども達は、次はもっと小さなお友だちにやさしさをバトンタッチしてくれることでしょう。
かつて、小さなお友だちをやさしくお世話をしている子に、ありがとうねと声をかけた時、「だって私も大きい組さんからやさしくしてもらったから」と答えてくれました。

全文を読む

つぼみがふくらむように ー成長を感じる日々ー

あおぞら 831号 2012年3月2日

未明から雪が降りはじめた水曜日。園バスの中で、「外で雪遊びができるかなあ」と子ども達。雪が降っているから、止んでからだねと保育者が応じます。「え〜〜っ。遊びたいのにー。」という声を乗せながら園バスは雪の中をろりぽっぷへ。到着すると庭ではすでに子ども達がキャッキャッと雪遊びに興じています。「あっ、お外で遊べるね。」「やったー。」と足を踏み鳴らして喜ぶ子ども達。その喜ぶ様はバスがゆっさゆっさと揺れるほどでした。

さて、2週間遅れの生活発表会はあいにくの雨もようでしたがたくさんのご参加の中、子ども達にあたたかいまなざしと拍手を送っていただきありがとうございました。
1人ひとりの子ども達の力を信じてまかせていこうと発表会までの日々を過ごしてきましたが、子ども達は保育者の思いに見事に答えてくれました。連絡帳でたくさんの方々から感想を寄せていただきましたのでいくつかご紹介させていただきます。

全文を読む

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2012-03

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2019年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。