ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2011-12

2011-12

平凡こそ最上の幸せ

あおぞら 825号 2011年12月22日 2学期最終号

職員劇「白雪姫」に自分達の担任が登場するとキャーッと黄色い声がとび交います。
職員たちからは劇のプレゼント、サンタさんからは年令ごとにセレクトされたおたのしみプレゼント、そしてお昼にはケーキ付きのスペシャルランチと、20日は楽しいこtが盛りだくさんの一日でした。

さて、2学期も今日が最終日です。夏の終わりから秋、そして冬と3つの季節を感じながら過ごした2学期。楽しい行事も盛りだくさんでしたが、でも何かが違うと感じる日々でもありました。線量計を片手に出かける散歩、落ち葉や木の実への配慮、食品の安全、いつまで続くのか、不安はつきませんが、そんな中でも子ども達は明るくパワフル、本当にいとおしく可愛い存在です。
ひとりひとりがグーンと成長した2学期ですが、来学期は年長組は卒園が目前にせまり、就学に向けての仕上げの時です。3、4歳児はさらに創意工夫をして遊ぶ楽しさや、コミュニケーション力のアップを期待します。こんな時代だからこそ日々の生活をていねいに、小さな自然の変化にも喜びを見つけながら、希望の光をさぐって過ごしていきたいものです。

全文を読む

つきたてのおもちってやわらか〜い

あおぞら 824号 2011年12月9日

前日の冷たい雨が上がり暖かい日差しの中でもちつきができるとは何てろりぽっぷ子は幸せなのでしょう。
ピンポイントで晴れの日をプレゼントしてくれた冬将軍様に感謝です。おもちつきを心待ちにしていた子どもたち、大人たちがかまどをセットし火を燃やし準備をする姿を見守ります。たきぎが燃え炎が上り、もくもくと煙が流れる様子は日常の中ではなかなか目にすることがない情景です。園庭には子ども用臼が1つ。大人用の大きな臼が2つ置かれています。一晩つけ置きしたもち米をせいろに入れて蒸し上げ、約20分。ほかほかのもち米を次々とつき上げていきます。小さな臼は子ども達が2人組でペッタンペッタン。これも恒例ですが、杵を持って付く様子をパチリと記念撮影。どの子もいい笑顔でカメラに納まりました。

全文を読む

もまれて育つ

あおぞら 823号 2011年12月2日

12月は冷たい雨で明けました。残り少なくなった紅葉も雨に打たれ、寒そうに震えています。さて、今号は、最近とみに多く見られるようになってきた友だちとのトラブルについて、かつて目にした光景から記してみます。

全文を読む

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2011-12

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2019年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。